ファウルで粘る方法。追い込まれた時に便利!

ファウルで粘る方法。追い込まれた時に便利!

 

遠くに飛ばす、狙った所に打つ技術を身に付けるのはもちろん大切ですが、それは自分が予想したコースにボールが飛んできた時に限ります。

 

 

つまり、例えば自分はインコースにボールが来ると思って構えていたのに、読みが外れてアウトコース低めのストライクに投げ込まれたのであれば、上手い事カットをしてファウルにする技術も身に着けておかなければ、総合的に打率や勝率を上げられない可能性があると言う訳です。

 

 

特にツーストライクに追い込まれた後のバッターの精神状態と言うのは、何とか空振りをせずにランナーとして塁に出たいと言う気持ちが強くなっています。

 

 

この気持ちが空回りしてしまいますと、予想外のコースにボールが投げ込まれた時にバットが空を切る可能性が高くなってしまうのですね。際どいボールを見極めた結果、実はストライクだった、と言う事ほどバッターとしては悔しいものはありません。

 

 

そのようなボールは上手く前に運ぼうとはせずに、カットをして仕切り直しと行きたい所です。

 

 

このカットを上手く行うコツとして最も押さえておきたいポイントはやはり、「軸足に体重を残したまま」であると言えるでしょう。これによって、右バッターであれば一塁側へ、左バッターであれば三塁側へのカットがしやすくなるのです。

 

 

そしてスイング時のポイントとしましては、出来る限りボールを引きつけてホームプレート上、或いはその少し後ろでバットをかすめるようにスイングをする事です。

 

 

出来る限りプレートに近いギリギリのラインまで目できちんと追うと、そのボールがストライクであるかボールであるかの判断が付きやすくなります。

 

 

明らかにボール球であれば見送れば良いですし、ストライクか際どいボールであればカットをするのです。この時に焦ってバットを早めに出してしまうと、カット出来ずにボールはフェアゾーンへと入ってしまいます。

 

 

そして、カットした打球は弱々しく飛んでいきますので、アウトを取られやすくなってしまうのです。

 

 

バッティングセンターなどに通い詰め、ボールを限界まで見極めた後にカットをすると言う練習を織り交ぜてみても良いかもしれませんね。