少年野球でヒーローに!ホームランを打つ方法

少年野球でヒーローに!ホームランを打つ方法

 

少年野球で1番盛り上がる瞬間、それは個人的には誰もが驚くホームランをかっ飛ばす事のように感じています。高々と舞い上がる打球も良いですし、弾丸ライナーで突き刺さるホームランも格別です。

 

 

ひとたび少年野球の試合でホームランを打てたのならば、ヒーローになれる事間違いなしでしょう!

 

 

さて、今回はホームランを打つために意識しなければならないポイントですが、やはり大切なのはまずは手打ちにならずに、腰をきちんと回転させて全身の力を連動させると言う点ですね。

 

 

少年野球ではホームランまでの距離が短いですので、身体の大きい子やパワーの持ち主であれば手打ちであっても軽々運べるのかもしれませんが、今後中学高校、大学社会人と生涯に渡って野球を続けて行くのであれば、腰から回転させるフォームを身に着けておいた方が間違いなく得です。

 

 

ホームランを打ちたいと言う気持ちが全面に出てしまいますと、向かってきたボールを自分から捉えようとしてしまいます。その結果、ステップした足に体重が乗り過ぎてしまう事があるのですが、これでは体重が上手くバットを通じてボールに伝わらず、強い打球を飛ばせなくなるんですね。

 

 

肝心なのが、右バッターであれば右足に、左バッターであれば左足、つまり軸となる足に体重を残したまま、軸足を中心に回転するような意識です。これが、まずホームランを打つための基本姿勢になりますので覚えておいてくださいね。

 

 

そしてスイングのコツですが、腕を最短距離で回すのだけれども、バットのヘッドはなるべく大きく回すように心がけます。

 

 

これによって強い遠心力が生まれますので、軽い力であったとしてもボールがスパーンと飛ぶようになるのです。そのためには手首のスナップが大切で、いかに手首の使い方が上手いかで試合でもホームランを打てる確率が大きく変わるようになります。

 

 

柔軟性はその他の要素にも大きく関わりますので、日頃のストレッチも欠かさずに。

 

 

最後にインパクトの瞬間ですが、バットがボールに触れた瞬間に、バットを止めるのではなくそのまま強く振り抜くイメージで力強いスイングを心がけましょう。いわゆる「押し込み」ですね。

 

 

相手ピッチャーの球が速く、そして重ければ重いほどこの押し込みが肝心になってきます。

 

 

ボールの勢いに負けないスイングは日頃の練習で培いましょう。手首の返しについては、意識をせずとも自然と起こるものですのでここの部分に関してはあまり気にしなくても大丈夫です。

 

 

ホームランを打つと自信にも繋がります。これまで三振やゴロやフライと言った凡退が続いている状況でも、ホームラン1本でモチベーションと言うのは大きく変わってきます。

 

 

自信が付けば、その後の練習やより上手くなってやろう!と言う闘志にも火が付きますので、もしお子さんが少年野球に全力で向き合っているのならば、ホームランを打てるような身体作りにも気を抜かないで上げて下さいね。

 

 

食事をたくさん摂るのはもちろんの事、身長サプリなども上手に使って常に栄養を満たしている状態を作って上げて下さい。