少年野球で上達させるヒッティングを徹底解説!

ゴロやフライを意図的に打つための意識ポイント

 

アウトコースやインコース、ど真ん中のボールを見極められるようになったら、次はどんなボールを飛ばしていけば良いのかを意識して練習に取り組んでいきましょう。

 

 

常にフルスイングのホームランバッターを目指すのも良いですが、自らの所属する少年野球のチームを勝利に導くのであれば、ランナーやアウトカウントなどの状況を見て、ゴロやフライなどを巧みに打ち分けて行く必要があります。

 

 

その場面に最適なヒッティングをする事で、チームとしても個人としても上達して行けるようになるのです。

 

 

ゴロを上手く打つ方法

 

ボールを転がし、自分を犠牲にしてランナーを進めるためのゴロを上手く打つ方法についてです。

 

 

ゴロは比較的難易度は低めで、向かってきたボールに対して上から叩きつけるようにスイングをする事を心がけます。ただ、真上から真下に振り下ろしても当てる事すら難しくなりますので、あくまでも上から叩き下ろすと言うのはイメージとして捉えて下さいね。

 

 

そして、この時のポイントとしましては、ボールがどのコースに飛んで来るのかを見極めるために、顎を引いて目でボールの行方を追います。スイングの際は出来るだけコンパクトに脇が開かないようにしましょう。

 

 

当てるポイントはボールの上付近を捉える事を意識。下をかすめてしまうとボテボテとしたフライにもなりやすく、ランナーを進められなくなってしまいます。

 

 

フライを上手く打つ方法

 

高々とボールを打ち上げるためには、フライを狙うんだけれども力み過ぎないように意識をするのが大切。

 

 

バットを上から下に叩き下ろすゴロの打ち方はそれほど力は要りませんが、フライを打つためにはバットを下から上へとすくい上げる必要があります。特に子どもからしてみれば、金属バットはとても重く感じてしまうものです。

 

 

力んでしまうのも無理はありません。

 

 

身体をガッチガチに強張らせればフライが上がるかと言われればそうではなく、必要な筋肉にピンポイントで力を加える事でそれが達成しやすくなります。

 

 

ポイントとしましては、まずはグリップに力を込めずに軽く添えておくイメージで。ここに無理な力が加わると、スイングそのものがぎこちなくなってしまいますので、バットが空を切る事が多くなってしまうんです。

 

 

スイング時には、バックスイングを普段よりも大きく取るようにします。ここのスイングが小さいと、ボールとバットがぶつかった時の角度が小さくなってしまいますので、打球は上へと飛び辛くなるんです。

 

 

その後、インパクトの瞬間からすくい上げるようなアッパースイングで振り上げるイメージで力強く振り抜く事が大切です。

 

 

日頃からの練習が大切

 

何の練習もせずに、いきなり試合本番で「ゴロを打て」「フライを打て」と指示が飛んでもほとんどの子どもが無理だと思います。本番でも無意識に狙った打球を飛ばすのであれば、毎日の練習で身体に染み込ませておくのが1番なように感じます。

 

 

まずは基本の素振りから。

 

 

何も考えず適当に振るのではなく、今はゴロを打つための素振り、次はフライ、最後はホームランを打つための素振りと、目的に応じて意識するポイントを変えてみるのも良いですね。

 

 

練習は嘘を付きません。この事を、お子さんにもきちんとお伝えして上げて下さいね。