ど真ん中のボールはセンター返しを意識

ど真ん中のボールはセンター返しを意識

 

相手ピッチャーが1番冷や汗をかく瞬間はいつだと思いますか?そう、ボールがど真ん中に誤って飛んでいってしまう事です。

 

 

バッターからしてみればど真ん中のボールと言うのは最も打ちやすく、打率が高いのも大きな特徴です。上手く芯で捉えられれば長打も間違いないですし、場合によってはホームランになる事も十分考えられます。

 

 

それほど、ピッチャーからしてみれば「やってしまった・・」と言うボールになるんです。

 

 

さて、そんなど真ん中のボールですが、ただ打ち返せば良いと言う訳でもありません。当然ながらホームランを打ちたいと言う欲が強まってしまうと、擦るようにフライになってしまいますし本来のパフォーマンスも落ちてしまうものです。

 

 

ど真ん中のボールは狙い目ではあるのですが、あくまでも野球の基本であるセンター返しを意識してスイングをさせるようにして下さい。向かってきたボールを逆らう事なく純粋に打ち返す。たったこれだけで良いんです。

 

 

きちんと芯で捉える事が出来たのであればボールは無理な力を加えなくても遠くに飛んでいくものです。

 

 

逆に力強いスイングを意識し過ぎて踏み込み過ぎたり、ステップした足が開きすぎてしまうのは好ましくないんです。

 

 

スイングのコツとしましては、ボールを引きつけたのを確認したらバットの根本部分であるグリップエンドを突き出すように構え、自然な軌道を心がけてバットを振るように心がけるんです。

 

 

そして、グリップエンドがボールを捉えられるポイントまで来たら、スイングと同時に腰をクルリと回転させましょう。

 

 

すると、全身の筋肉を連動させてバットを振れますので、タイミングを逃した場合であっても上手く飛ばせるようになります。

 

 

(右バッターの場合)腰は三遊間だけでなく、きちんとセンター方向まで回転させる意識を練習の内から養っておくのが大切です。

 

 

やはり、まずは基本中の基本である素振りをやり込むのが良いですね。手打ちになるのではなく、1回1回腰から回転させる意識を持って練習をしておくと、少年野球の試合本番でも焦らずいつものスイングが出来るようになります。