少年野球で上達させるヒッティングを徹底解説!

少年野球でヒッティングを上達させるコツとは?

 

 

 

少年野球で活躍するためには何を努力して行けば良いのか?

 

 

その答えは色々あり、ピッチャーとしてのコントロール能力、チームとしての協調性など試合本番には関係無い部分も大事になってきますが、私個人的にはヒッティング能力だと思っています。

 

 

いくらチームを盛り上げるのが上手い、練習にも地道にコツコツ取り組んでいたとしても、ヒッティングに上達が見られなければレギュラーとして採用される可能性は低くなってしまうでしょう。

 

 

頑張りによっては代打バッターとして試合に出させて貰えるかもしれませんが、やはりレギュラーとして試合に出る事が何よりです。つまり逆を言い換えればヒッティングセンスさえ磨けば、試合に出られる可能性もグンと高まると言う訳ですね!

 

 

それでは、少年野球でカッコよくヒットやホームランを打つコツなどについて1つ1つ見て行きましょう。

 

 

バッティングを上達させるコツとは?

 

 

がむしゃらにトレーニングをするのも時には大切ですが、やはり少年野球でヒッティングを上達させるためには理論に基づいた練習をして行く必要があります。

 

 

特に自己流のスイングをしていた期間が長ければ長いほどフォーム修正に時間がかかってしまいますので、出来れば早い内から理想のスイングをして行く事が求められます。

 

 

ヒッティングにおいて重要なのはやはり姿勢であると言えるでしょう。

 

 

足を上げるタイミングですとか、ピッチャーの投球モーションからのタイミングの取り方など、全ての条件が揃ってこそ強い打球を飛ばせるようになります。

 

 

まずはコース別の打ち方などを覚えるよりも、先にきちんとしたフォームでバットを振れているかを確認しておきましょう。

 

 

ヒッティングを上達させるページへ!

 

 

インコース低めの上達法

 

インコース低めのボールは普通にスイングしているだけでは、上手くボールを捉える事は出来ません。

 

 

身体全体を上手く使う事、そして出来る限りすくい上げるようなアッパースイングをする事で、強いライナー性の当たりを飛ばす事が可能です。ただし、打ち損じによるフライには要注意です。

 

 

インコース低めのページへ!

 

 

 

インコース高めの上達法

 

 

高めや低めに限らず、インコースのボールは出来るだけ早めにスイングする事が、ヒット性の当たりを飛ばすための上達ポイントになります。

 

 

アウトコースのボールと同じようにスイングをしていても、振り遅れてしまってボテボテのゴロになってしまいがちです。インコース高めを上手く打ち返すポイントを以下のページでご紹介!

 

 

インコース高めのページへ!

 

 

アウトコース低めの上達法

 

 

インコースとは逆に、少しバットを振るタイミングを遅らせる必要があるのがこちらのアウトコースのボール。特に低めにビシっと決まるようなボールは空を切りがち。

 

 

ですので、引っ張るのではなく上手く流し打ちをして外野の前にポトリと落とすような打ち方が出来れば理想的。出来る限り引きつけて打つようにしましょう。

 

 

アウトコース低めのページへ!

 

 

アウトコース高めの上達法

 

 

アウトコース高めのボールは比較的難易度は低めで、ヒッティングが少し苦手かな・・?と感じる子どもでもすんなり打てるようなコースです。

 

 

こちらも低め同様に無理に引っ張ろうとはせず、飛んできたボールに対してバットを合わせて流す意識で振ると綺麗に飛んでいきます。

 

 

アウトコース高めのページへ!

 

 

ど真ん中の上達法

 

 

相手サイドからしてみればど真ん中を意図的に投げてくる事は少ないですが、コントロールミスなどでうっかりど真ん中目がけて投げて来たら打ち返すチャンス!

 

 

ただ、ボールを遠くに飛ばそう、ホームランを打とう!と身体に力が入り過ぎてしまうのはNG。飛ばす意識は持ちながらも、あくまでもセンター返しを心がけるとボールは遠くに飛んでいきます。

 

 

ど真ん中のページへ!

 

 

ホームランを打つ方法

 

少年野球で1番盛り上がる瞬間と言えば、やはり孤を描いての綺麗なホームランではないでしょうか。

 

 

たったの一振りだけで試合状況を大きく覆してしまう可能性の高いホームランは、是非自分も打ってみたい!とお考えのお子さんも多いはずです。しかし力んでしまってはいつまで経っても試合でホームランは打てないでしょう。

 

 

以下のページではホームランを打つコツについてまとめています。

 

 

ホームランを打つ方法のページへ!

 

 

ゴロやフライを打つ方法

 

 

野球はチームプレーで点数を積み重ねていきます。時と場合によっては、ホームランバッターであったとしてもバントをする事もあります。

 

 

ヒットやホームランの練習をするのはもちろん大事ですが、意図的にゴロやフライを打って繋げる野球をしていく能力も大切になります。ここのページでは、どうすればゴロやフライが打てるのかを解説していますので、こちらも併せてご覧頂ければと思います。

 

 

ゴロやフライを打つ方法のページへ!

 

 

ファウルで粘る方法

 

 

例えばインコース低めを狙っていたのに、予想に反してアウトコース高めに飛んできたと言う経験もあるかと思います。この場合に無理に強めのスイングをしてもボールが飛んでいく事はおろか、空振りをしてしまうケースって非常に多いんです。

 

 

そんな時には無理に飛ばそうとはせずに、カットをしてファウルにして行く必要があります。この技術を身に付ければ打率は格段に上がるはずです。

 

 

ファウルを打つ方法のページへ!

 

 

身長サプリで身体を大きくしましょう

 

 

少年野球でヒーローになるためには、ヒッティングや守備の技術を磨くのはとても重要です。ですがそれと同じか或いはそれ以上に大切になってくるのが身体の大きさです。

 

 

やはり少年野球に留まらず、今後中学高校、社会人になっても野球を続けて行く、プロを目指した本格的なトレーニングをして行くのであれば、間違いなく有利なのは身体の大きな選手です。

 

 

確かにプロ野球選手の中には小柄な体型を活かしたコンパクトなスイングが売りの選手もいるのですが、やはりそういった体格の選手が活躍出来るのはほんの一握りです。

 

 

ほとんどの選手が170cm以上で体重も80kgを超えていたりと、フィジカルの強さは求められるのです。

 

 

もし今お子さんが少年野球に熱心に取り組んでいらっしゃるようでしたら、伸び伸びとプレーをさせてあげるために、親である皆さまが子どもの身体を大きく強くしてあげる手助けを是非してあげて下さいね。

 

 

1番手軽かつ効果も実感しやすい身長アップ方法がサプリメントです。

 

 

特に今では身長サプリと言って、成長期に必要な栄養素が簡単に摂れるようなものが主流で、スポーツに取り組んでいる子どもに飲ませて上げている親御さんも多いんですよ。

 

 

身長が伸びるのはだいたい13歳前後まで。子どもが後悔しないように、身長サプリで身長を伸ばしてあげてみてはいかがでしょうか。

 

 

身長サプリについて詳しく解説しているサイトを見てから購入を決めるのがおすすめです。こちらの身長サプリ おすすめ と言うサイトには、身長サプリとは何か?本当に効果のあるサプリはどれか?が詳しく書かれていますので、興味のある方はこちらのサイトも目に通しておくのも良いかもしれません。